Facsimile通信特性アナライザ ESシリーズ

 

 

ファクシミリ通信の設計評価・障害解析に最適

 

  • 開発現場のみならずフィールドで発生するさまざまな通信障害の解析に有効。
  • スーパーG3 FAX(V.34)の信号をハードウェアモデムを使用せずに解析。
  • 従来のG3テスターの後継機としてご利用可能です。
  •  

ES-200/150/100シリーズは、ファクシミリ通信における各種の通信障害 (送受信信号の衝突、遅延、パケットロス 等)を解析する ソフトウェアです。Windows OS 搭載のパソコンにインストールすることで、スーパーG3 FAX(V.34) (※ES-200/100)の信号をハー ドウェアモデムを使用せずに解析することができます。ファクシミリ装置開発時の不良解析や、伝送路で発生する ノイズ・遅延・ パケットロスによる影響で発生する通信障害の要因切り分けに威力を発揮します。 インターネット回線、5G等の次世代移動通信回線におけるFAX通信の障害解析に威力を発揮します。

 

 

 

1 Facsimile 通信特性アナライザの特長

  • 新解析エンジン(Phase-C Decoder対応)の採用
  • 画情報デコード&表示機能(ES-200/150シリーズのみ)
  • リアルタイム解析機能
  • アイ・パターン・ジェネレータ機能
  • Outband_IFFT機能

Standard

ES-100シリーズ

ES-100N (標準)
ES-100ND (OP.大容量ファイル解析)

  • ◆主な仕様
  • V.34,V.17,V.29,V.27ter
  • プロトコル解析機能



  • ◆主な用途
  • 開発、品質評価、フィールド部門での評価

Middle

ES-150シリーズ

ES-150N (標準)
ES-150ND (OP.大容量ファイル解析)

  • ◆主な仕様
  • V.17,V.29,V.27ter
  • プロトコル解析機能
    画情報デコード&表示機能
    MH,MR,MMR対応
    (OP. JBIG Decoder)
  • ◆主な用途
  • 開発、品質評価部門での
    解析/評価

High end

ES-200シリーズ

ES-200N (標準)
ES-200ND (OP.大容量ファイル解析)

  • ◆主な仕様
  • V.34,V.17,V.29,V.27te
  • プロトコル解析機能
    画情報デコード&表示機能
    MH,MR,MMR対応
    (OP. JBIG Decoder)
  • ◆主な用途
  • 開発、品質評価部門での
    解析/評価

 


Outband_IFFT機能

ある限定された時間範囲の波形の中で、パケットロスないしは、サンプルスリップの存在を目視できるように、スペクトログラムを3次元表示します。

 

 


新解析エンジン(Phase-C Decoder対応)の採用

ある限定された時間範囲の波形の中で、パケットロスないしは、サンプルスリップの存在を目視できるように、スペクトログラムを3次元表示します。

 

Facsimile通信特性アナライザは、最高速度V.34(33,600bps)通信のモデム復調処理をMATLAB言語で記述し、独自の高速処理を組込むことで、Windows OSで動作する汎用PC上のソフトウェアで実現しています。V.34通信の復調を実現するには、line probing、non-linearencoding、precoding、pre-emphasis、shell mapping、trellis encoding、frame switching、secondary channel等の処理を行いますが、これらの処理には高速信号処理が必要な為、今まではDSP及び専用ハードウェアが必要でした。新ESシリーズは、モデム復調処理をMATLAB言語で記述し、独自のアルゴリズムで高速処理することで、V.34通信の復調をソフトウェアで実現しました。右図は、V.29/V.17/V.34通信時のモデム復調constellation座標を示しています。V.34通信では1,664ポイントのシンボルを再現しています。


画情報デコード&表示機能(ES-200/150シリーズのみ)

Facsimile通信特性アナライザの新シリーズは、Phase-CでPIXを復調した信号に含まれている符号化された画情報を復元し、TIFFファイルに変換後、画像として表示します。復号可能な符号化方式は次の4種類です。

  • MH (Modified Hoffman)方式
  • MR (Modified Read) 方式
  • MMR (Modified Modified Read) 方式
  • JBIG方式 (ES-200/150シリーズ用オプション)

また、復号された画情報に関する詳細な情報(符号化方式、ECMの有無、Total line数、Error Line数、Pixel情報 等)も同時に表示しますので、FAX通信のプロトコル解析のみならず、画情報通信時の障害要因解析にも有効です。

 

 


2種類の解析方法

Facsimile通信特性アナライザは2種類の解析方法があります。

  • 音声ファイル解析
  • wav形式、又はau形式の音声ファイルをPCに取込んだ後、解析処理を行います。一例でauファイルは8.0kサンプルの為、9.6kサンプルにサンプリングレートをリサンプルして処理します。

  • リアルタイム解析(アナログのみ)
  • 受信信号をバッファメモリに格納した後、前記と同じ方法でリサンプル処理し、プロトコル解析を行いますので、FAX通信をリアルタイムに解析し、表示することができます。装置開発時のデバッグ等における評価に威力を発揮します。

 

 

 


アイ・パターン・ジェネレータ機能

Facsimile通信特性アナライザの新シリーズは、V.34 FAX通信におけるモデム処理手順の進行状態を可視化できる 「アイ・パターン・ジェネレータ」機能を搭載しました。V.34 FAX通信のプロトコルはinfodata.txt,bitdump.txt 等で解析できますが、通信回線を含めた障害要因の解析には スペクトラム波形解析に加え、「アイ・パターン・ジェネレータ機能」が威力を発揮します。

 

①EQM(Equalizer Quality Monitor)
②PLL Pointer(phase Locked Loop Pointer)
③Equalizer Coefficient④Demodulated Data
⑤PP initial amp
⑥B1 Signal Constellation

 


本製品の主な機能

Facsimile通信特性アナライザの新シリーズは、Phase-CでPIXを復調した信号に含まれている符号化された画情報を復元し、TIFFファイルに変換後、画像として表示します。復号可能な符号化方式は次の4種類です。

  • 解析エンジン(Phase-C Decoder対応)
  • 最高速度V.34(33,600bps)通信のモデム復調処理を、Windows OSで動作する汎用PC上のソフトウェアで実現しています。

  • リアルタイム解析(アナログのみ)
  • 従来のG3テスターと同様に、FAX通信信号をモニターしながら、通信プロトコルの解析ができます。

  • 画情報デコード&表示機能
  • Phase-Cでモデム信号を復調した後、画像圧縮された画情報を復元し、表示する機能です。

  • アナログ回線、VoIP(Voice Over IP)回線に対応
  • wav(Ms-Wave-sound-file)フォーマットファイルで採取した信号を解析します。また、auファイル(Sunオーディオファイル)にも対応可能です。

  • T.30コマンド解析機能
  • wavファイルまたはauファイルを解析し、T.30コマンドフローに編集したinfodata.txt 情報として出力します。

  • フェーズ2コマンド解析機能
  • wavファイルまたはauファイルを解析し、V.34のフェーズ2コマンドフローに編集したinfodata.txt情報として出力します。

  • サウンドモニター機能
  • 編集/解析し表示された信号を、Sound Onボタンによりモニター出力することが可能です。

  • スペクトラムアナライザ機能
  • 編集/解析し小窓区間に表示された波形をフーリエ変換して表示できる機能です。

  • コンステレーション表示機能(Eye パターン)
  • 各種モードでEyeパターンの表示を見ることができ、回線品質等による復号状態の判別に利用できます。

  • 大容量ファイル解析機能(オプション)
  • 従来のG3テスターと同様に、FAX通信信号をモニターしながら、通信プロトコルの解析ができます。

 


FAX信号解析の流れ

ファクシミリ通信の解析方法

ファクシミリ通信の信号を解析するには、2通りの方法が有ります。

 

1. リアルタイム解析(アナログ回線のみ)

  • FAX通信信号をリアルタイムに解析し、表示することができます。
  • 開発時の評価に威力を発揮します。

2. 録音ファイルによる解析

  • 外部機器で音声ファイルを作成し、PCのWAVフォルダにインポートして解析し、表示します。
  • フィールドでの障害解析に有効です。

 

解析方法1. リアルタイム解析

・通話録音アダプター等で回線から直流をカットし、PCのマイク端子に直接FAX信号を入力します。
・信号をバッファメモリに格納しながらリサンプル処理し、プロトコル解析を行い結果を表示します。
・通信が終了すると、音声ファイルをPCのWAVフォルダ内に作成します。

 

 

解析方法2. 音声ファイルにより解析

・外部機器で音声ファイルを作成し、PCのWAVフォルダにインポートして使用します。
・フィールドでの障害解析に有効です。

 

注1)アナログ回線からの録音時には、直流をカットする回線アダプター等が必要です。

 

 

解析画面と情報出力

FAX解析ソフトを起動し、WAV(またはAU)ファイルを選択し、ファクシミリ信号を解析します。

 

解析結果は2種類のテキストファイルとして出力されます。
・bitdump.txt … ビット列情報
・infodata.txt … T.30プロトコル、フェーズ2制御情報

サンプルファイルをダウンロード

ダウンロード

v34sample1.zip (5.74 KB)


 

2 製品仕様

  ES-100シリーズ

  ES-150シリーズ

  ES-200シリーズ

 

ES-100N ES-100ND ES-150N ES-150ND ES-200N ES-200ND

対応規格

V.8/V.21CH2/V.27ter

V.29/V.17/V.34/T.30

V.21CH2/V.27ter/V.29/
V.17/T.4/T.6/T.30/T.82

V.8/V.21CH2/V.27ter

V.29/V.17/V.34

T.4/T.6/T.30/T.82

通信速度

33,600/31,200/
28,800/26,400/

24,000/21,600/
19,200/16,800/

14,400/12,000/
9,600/7,200/

4,800/2,400/
300

14,400/12,000/
9,600/7,200/
4,800/2,400/
300

33,600/31,200/
28,800/26,400/

24,000/21,600/
19,200/16,800/

14,400/12,000/
9,600/7,200/

4,800/2,400/
300

プロトコル解析

 ◯  ◯  ◯  ◯ ◯ 

画情報デコード&表示

- -  ◯ - -

通信ファイル分割

-  ◯ -  ◯ -  ◯

リアルタイム解析

 ◯ -  ◯ -  ◯ -

画像圧縮規格

-

MH,MR,MMR (Option:JBIG)

MH,MR,MMR  (Option:JBIG)

使用環境

◆OS:Windows 8/8.1/10 (32bit/64bit)

◆CPU:Intel:Pentium4 2GHz以上(推奨) または

AMD Athlon64 2GHz以上(推奨)
(SSE2 Instruction Set サポート)

◆メモリ:3.5GB以上(推奨)

◆3~4GB以上の空き容量のあるハードディスク

◆USBポート×1(2.0以上)

※Windows は米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。※Matlabは米国The MathWorks, Incにおける登録商標です。※Intel、インテル、Pentium4は、アメリカ合衆国およびその他の国における Intel Corporationまたはその子会社の商標または登録商標です。※AMD Athlon64 は、Advanced Micro Devices,Inc.の商標です。

3 本製品についてのお問い合わせ

042-785-4031

042-785-4041

受付時間

10:00~18:00

※ 土曜、日曜・祝日を除く


お気軽にお問合せください。

お問い合わせフォーム

休業日および営業時間外に関係なく24時間受付

お問い合わせフォーム

 

Facsimile通信特性アナライザシリーズ に関するよくあるご質問はこちら