FAX疎通確認・測定システム EHS-400

EHS-400システム

FAXの疎通確認・測定を全自動で 行い、ネットワーク品質の確認が容易に

■IP 電話網に於けるFAX 疎通確認・測定に最適。
■センター局より試験局を無人で制御してFAX通信を実施。
■シナリオを指定するだけで自動で測定結果を出力。

 

FAX疎通確認・測定システム「EHS-400」は、全システムを自動制御するセンター局
(Windows PCにEHS-400Aシステム制御ソフトウェアを組込み)とTS局(最南端局)/TN局
(最北端局)に配置する疑似FAX部から構成されます。

IP電話網を利用したFAX疎通確認・測定では、FAX通信が正常に行えるか否かを実際に
FAX通信を行うことで総合的に判断する必要が有ります。
EHS-400システムは、FAXソフトウェアモデムを組込んだ疑似FAX部を最遠系の両端に
配置し、センター局より無人で試験局を制御することでFAX通信を 全自動で行い、
FAX通信のエラーライン数、再送回数、通信の可否の検出を行います。
測定に関わる大幅な省力化と、IP電話網のFAX通信品質測定の自動化に最適です。

 


本製品の特長

EHS-400は「IP 電話の通話品質測定ガイドライン(TR-1054)」における
FAX 疎通確認・測定で定められた測定を、自動で実行する為のシステムです。

TTC TR-1054 IP電話の通話品質測定ガイドライン抜粋

FAX疎通確認方法・測定内容

・測定区間:ネットワーク品質同様に最遠系で実施

・測定日時:最繫の月・曜日・時間の枠を設定し、その月で毎週1回、計4回測定

・試験内容:1回の測定で、以下の計12通信を実施する。

1)ECM通信 3通信×往復 小計6通信

・スーパーG3(V.34 モデム)

提供サービスでスーパーG3 を保証していない場合は V.17 モデム/ECM 通信で実施

・MMR もしくはJBIG

2)非ECM通信 3通信×往復 小計6通信

・G3(V.17 モデムもしくはV.29 モデム)

・MR もしくはMH

使用原稿はITU-T勧告T.24-No.1 を5枚とし、解像度を200x200dpi(8x7.7本/mm)

とする。

(https://www.itu.int/net/itu-t/sigdb/genimage/test24.htm)

 

FAX疎通確認 不良通信判定

・通信エラー発生

・送信画像に対し1ページで14mm以上の画像(108 ライン)が欠落した通信

・PPR(再送要求)が4回以上連続で発生した通信

スーパーG3通信においての通信レートのフォールバックに関しては規定しない

 

シンプルなシステム構成

■センター局と疑似FAX 部によるシンプルな構成により、FAX 疎通確認・測定に必要な
データを自動で生成し、レポートに出力します。

システム構成図

最遠端局を無人運用

■疑似FAX 部の操作をソフトウェアで実現する為、センター局からのリモート制御で、
全ての操作を自動で実行します。

運用例

 

シナリオ登録による簡単操作

■測定項目はあらかじめシナリオに設定されていますので、メニューで選択登録し実行
するだけで、4 週間分の測定データが収集できます。

シナリオ登録例

シナリオ登録例

ECM     … 誤り再送通信(Error Correction Mode)
S-G3(V.34)   … スーパーG3 FAX、V.34(最高速33.6Kbps)モデム
M2R      … MMR(Modified Modified READ)、2次元符号化方式
8x7.7 l/mm  … 線密度 主走査(8 l/mm)、副走査(7.7 l/mm)

2種類の結果レポート

■提出用に最適化したレポートと、詳細なデータを含むcsv ファイルを自動生成します。
また、事前登録した宛先に、メールで自動送信できます。 4 週間分の測定 データが収集
できます。

 

1)テキスト形式ファイル
FAX疎通確認・測定における「FAX疎通テスト結果報告書」として使用できます。
Microsoft Office Word レイアウト横 で開きます。
2)CSV形式ファイル
FAX疎通確認・測定における「詳細な通信状況」を含めファイルです。
Microsoft Office Excel レイアウト横 で開きます。

 

レポートサンプルダウンロード

ダウンロード

EHS-400_report_sample.zip (1.43 KB)

 

EHS-400に於ける疎通・確認試験の流れ

1.端局設定

・TS局(最南端局)とTS局(最北端局)の 「FAX番号」、
「IPアドレス」を設定します。

 

2.接続確認

・TS局とTN局に対し、pingコマンドでIPレベルでの
通信確認を行います。

 

3.シナリオ設定

・疎通確認のシナリオを設定します。

 

4.開始時刻設定

・疎通確認試験を行う時間の設定ができます。
すぐに通信試験を行う時は、開始時刻は設定しません。

 

5.疎通確認試験の実行

・疎通確認試験を実行します。

-TS局⇒TN局へ送信、TN局⇒TS局へ送信

-TS局⇒TN局へ送信、TN局⇒TS局へ送信

-TS局⇒TN局へ送信、TN局⇒TS局へ送信

- 通信結果情報収集

- 結果レポート自動生成 a.xxxx.txtファイル … Microsoft Office word、

  横レイアウトでの印刷フォーマットに 最適化しています。

- b.xxxx.csvファイル … csvフォーマット

 

 

 

EHS-400動作フロー

FAX疎通確認・測定システムにおける処理の流れ

EHS-400動作フロー

動作環境
EHS-400 システム構成
FAX疎通確認・
測定システム
EHS-400
(センター局用)
システム制御部
Windows 対応PC お客様ご自身でPCを
ご用意頂く必要があります。
システム制御
ソフトウェア
(EHS-400A )

・システム制御
・FAXデータ解析
・レポート編集

(TS局、TN局用)
疑似FAX部
マイクロサーバー
(PNSV-BTMJ1900
-2AM)
・Intel Celeron J1900
・LinuxOS (Debian)

・FAX制御ソフトウェア
・ソフトウェアFAXモデム

アナログ回線制御装置
(ETC-100)

・A/Dコンバータ(16bit)
・アナログNCU

EHS-400A 仕様

EHS-400A

動作環境

対応OS

Windows 7(32bit/64bit版)
Windows 8(32bit/64bit版)

Windows 8.1(32bit/64bit版)

Windows 10(32bit/64bit版)

CPU

Intel Pentium4または
AMD Athlon64以降

(SSE2 Instruction Set サポート)

intel core i5 第6世代CPU以上 推奨

メモリ 4GB以上
USBポート 1つ以上のUSBポート(2.0以上)
ハードディスク

空き容量100GB以上(200GB以上推奨)

ファイル形式

exeファイル

(Matlabコンパイラ出力実行ファイル)

※Windows は米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。

※Matlabは米国The MathWorks, Incにおける登録商標です。

※Intel、インテル、Pentium4は、アメリカ合衆国およびその他の国における Intel Corporationまたは

その子会社の商標または登録商標です。

※AMD Athlon64 は、Advanced Micro Devices,Inc.の商標です。

※Java、JDK、JRE、J2EE、EJB、JDBC、JSP、Oracleは、Oracle Corporation およびその子会社、

関連会社の米国およびその他の国における登録商標です。

※Linux は、Linus Torvalds 氏の日本およびその他の国における登録商標または商標です。

※Debianは、Software in the Public Interest, Inc.の登録商標です。

 



本製品についてのお問い合わせ


カタログダウンロード

日本語

資料ダウンロード

Filesize 1.09MB


取扱説明書ダウンロード

日本語

取扱説明書 ダウンロード

Filesize 5.18MB


 

 

Windows
リンクを「右クリック」して
「対象をファイルに保存」を選択
Macintosh
リンクを「Ctrlキー+クリック」して
「リンク先のファイルをダウンロード」を選択
PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Readerが必要です。
アイコンをクリックしてダウンロード
してください(無償)


Back to top

 | サイトマップ | このサイトについて | 採用情報 | 当社へのアクセス | プライバシーポリシー |

〒194-0013 東京都町田市原町田1-2-3 アーべイン平本402
〒815-0033 福岡市南区大橋1-8-21 大橋西口ビル304